笑顔の効果


こんにちは!最近親に、『最近笑顔かたいぞ~』と言われてしまった、表情筋のかたい森です。

さてタイトルの『笑顔の効果』ですが、先日とてもいいお話を聞いてきたので、ここでお話しますね!
研修の内容は、認知症をお持ちの方に接する時の基本中の基本、という内容でした。
認知症となると、ご自身の置かれている環境にうまく対応出来なくなります。その時に、周りの人がどう接するかで、パニックになられたり落ち着かれたりと、反応が変わります。

今回7つのポイントを教わりましたが、特に印象に残ったのは、次の2点でした。
1、接するときは、心に余裕を持つように、意識しましょう。
2、笑顔で、正面からゆっくりと近づきましょう。
です。

認知症の方は、不安な気持ちいっぱいで暮らしていらっしゃいます。
今までの自分と何か違う、どうしてしまったんだろう。。。と。
その時に、接する人がイライラしていたり、緊張していたりすると、それを感じ取られて、混乱されて思わぬことをなさいます。その時に落ち着いて、笑顔を見せることで、『私はあなたの味方ですよ』と安心していただく事が出来るのですという事でした。
(ちなみに、笑顔が作れるのは人間だけだそうですよ!)

接する私たち、特に医療のスペシャリストである者は、それを念頭に置いていなければならない。

それを改めて感じました。

そしてこれは、人と人が付き合うためには必要な、普遍的な事とも思いました。

実はワタクシ、子供の頃なかなかお友達が出来ませんでした。
今思うと、笑顔が少ない、常に緊張している、という状態であったように思います。
あーあ、その頃、このお話を聴いていたら…。友達百人作れたのにな。

最近は、意識して笑顔を作るようにしていますが、意外と身近な大切な人には笑顔を向けていないかもしれない。。。
気をつけなくちゃ。

皆様も、笑顔の『あなたの味方だよ』と無言で伝えられる威力、有効活用してくださいね。

早いもので、2月もそろそろおしまいです。「2月は逃げる。。。」と、よくうちの祖母が言っていました。
今月の私の更新はここまで。来月は看護師の元島が担当します。
また、ここでお会いしましょう!!
これから笑顔の練習に励む予定の、理学療法士森でした。
見ていただいて、ありがとうございました。

では、次回更新をお楽しみに!