明けましておめでとうございます。


明けましておめでとうございます。

1月にTriadのホームページを一新しまして、今年初めてのブログです。

 

今日1月9日は、元ローマ教皇のグレゴリス15世の誕生日ですね。あ、あと成人式ね。

自分自身の成人式を思い返すと、もう10年も前の出来事で月日が流れるのは早いなーと少しセンチメンタルになり、バスに乗りたくなりました。

あれもこれもやりたかったなと、どーしても考えてしまいますね。

新成人の方には、20代しかできないことを思いっきりして、色々な経験を積んで謳歌してもらいたいです。

 

さて、そんなめでたい日に私、齋藤は理学療法士会主催の災害リハビリテーション支援者研修会に参加してきました。

成人を迎えた方は産まれていませんが、阪神淡路大震災を経験している私にとってはやはり気になる内容。

東日本大震災や熊本の大震災も記憶に新しいと思いますが、被災地の状況など、当時(現在もですが)他人事だとは思えませんでした。

 

今回、理学療法士として、どう関われるかという点で具体的な話を聞け、とても良い経験でした。

災害対策マニュアル、避難所運営「HUG」のロールプレイング、実際に派遣された先生方の被災地での活動内容など、想像していたものよりもずっと過酷なものですが、

’専門職にしかできない’という点でしっかりと役割を果たすことが大事なんだと痛感しました。

南海トラフ大地震など、大きな災害の話が世間ではされていますが、次に日本で何か災害があった時には、理学療法士として災害支援!とより一層思った今日この頃でした。

研修の詳しい内容については、また報告していきたいと思っています。

齋藤

%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%82%b4%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%82%b9