緊張=準備不足、喋る=全体像が掴める


こんにちは。

最近ケトジェニックダイエットを始めて、

ファミリーマートにあるタンスティックにハマっているTriadの大江です。

---

さて、先日企業の社長方10名程に対して、事業のプレゼンをした時のお話を。

_______________

緊張する=事前準備が足りない

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

50分のプレゼン時間を設けていたのですが、実際のところ40分で終わってしまったんですね。

練習の段階では50分の時間丸々使うことができたので、自信があったんです。

結果、10分の余り。。。完全にうぬぼれでしたね(汗)

そして自社の事業を説明するだけなのに、緊張したんです。

イメトレのみで「いけるだろう」という思いがありました。

緊張するのは事前準備が足りないと聞いたことあります。

本当に準備をやり切ったと思えたら緊張はしないと。

______________

人前で喋るコトに慣れてきた

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

最近人前で喋るコトや意見を述べるコトが多くなってきたので

以前に比べ、ある程度全体像つかむことができるようになったんです。

これが出来るようになると、次の展開なども見えやすくなるので

自分の中では成長したなぁと感じています。

 

ということで表にも立ちたいし、自分の意見を述べれるようにしたいし、

なにより、資料の作成段階から他社目線にたち

プレゼンが「伝わる」ようにしていきます。